Img_34cb540e7de9062484dc1b5c5a9d780ffa0fcea3
登山に行ってきました。
そこに山があったから・・・・・・・・。
Img_717fd47aabadca092a8ded2803206fc731fabc25
今年は寒いので薪を沢山使います。
最近薪をカシの木に変えました。

重く詰まっていて火持ちがよく、いい感じに燃えてくれます。
ありがたいなあ。



Img_151aa70d50fcfad72b317413f518c3f1262f3d4c
出発を待つ荷物たち。
Img_831c13cd80f2dce4c1066d35726746fd6b6670e6
Img_7996b048d2087bdfe3ef710923f2f04936219113
木工作家の松本寛司さん作http://matsumotokanji.main.jp/の豆皿に豆のお菓子
Img_6f6a14b178597d43bd8d0f5c2002066e9d364818
豆野家のアーロン
田原市で農業をやっている豆野邸(豆に暮らす野の暮らし研究所) (Click!) の新年会
に参加させていただきました。
お茶会、バレーボール、ヨガありのとても楽しい会でした。
バレーの筋肉痛がまだ残っております。

ご一緒させていただいた方々ありがとうございました。
Img_2c799a58adbf18faac251e04a36a7cac707abb93
Img_4a751db96b36232bcde3aad9820e82e25ce79c88
Img_6dbe86b77bc64859f7ab590c82fda4e65d6f4451
看板犬
友人がシェフをしている名古屋のイタリアンtalbotさんに行ってきました。
肝心のパスタの写真を撮り忘れましたが、めちゃうまでした。
雰囲気もよく、リーズナブルでお勧めのお店です。
Img_3b824babcb5c672239436fe67d5e3bebf25eec73
看板犬シリーズ3回目。
お世話になっている大洋木工所 (Click!) のぺロ。
Img_54b4cfbd34b984a427483482a5609babbed6eae9
年末に買ったシンビジウムがまだ元気に咲いてくれてます。

花の色は自らが発色してるわけではなく、その色の光を反射させて赤や黄色やピンクなどの色として
人間の目に見えているらしいです。たとえば黄色の花は周りにある黄色の光を反射させて黄色にみえているようです。

光を当てる方と当てられる方、ふたつでひとつ。


Img_e94468aeb5ded363f3d9e6d13a4bd0952a6ba30f
家の小さな梅の木につぼみがつきました。

今年も残すところあと10ヵ月です。
Img_6525d29fe1ab8d347371e027edad526c5f72fa89
Img_62fb7c51d19a30270a482b7c53822115d7276d60
名前を忘れてしまいましたが、興味深い楽器です。
近所でKM&FBIの宮川さん (Click!) のライブがあったのできかせていただきました。
お酒をのみながら生のライブをきかせていただき、とても気持ちい時間でした。
Img_12bac17b2294213ba947b7ac232d01bbf22ae06c
Img_b6c4c7b74ba178e49c6bdab4acf252b2ae225913
Img_fc4a4f99afddbd65c3c0908e295e92209e516078
アーロン
豆に暮らす野の暮らし研究所 (Click!) の味噌作りに参加させてもらいました。
食べられるまで時間が掛かりますが、その分おいしいさも増します。

アーロンはかっこいい洋服を着ていました。
Img_95953e19f87f2fdca2d579c939442dde8e120467
端材がだいぶ溜り置き場所がなくなってきたので、意を消して処分することにしました。
断捨離です。

薪ストーブで焚き付けにつかわせてもらいます。
薪ストーブをつけたことで、端材利用の最後の手段として、薪にすることができるようになったので、気持ちが楽になりました。ただ捨てるよりはいいという位のものですが。

リサイクルや分別などがエコのようなきがしますが、やはり一番のエコはゴミを出さないことでしょう。
Img_1e5cdfedd5f838d3d28bed731cba47df7c58bfbb
バナナ、みかん、いよかん、ポンカン、はるみ、ぶんたん。

バナナはさて置き、柑橘類には沢山の種類があるけど、
どれがおいしいかは、旬の時に旬のものを食べるのが一番おいしい。

不思議なもので、みかんがおいしいと食べていても、
ぽんかんが出始めてポンカンを食べ始めるとポンカンがおいしくなり、みかんに手が伸びなくなります。

器は多治見の陶芸作家、山藤響子さんのものです。
Img_daf92077d7146c2762322496d8567aef98431695
玄関にお雛様を飾りました。
姪っ子があられを食べてから帰るのが日課です。

うーん、梅の木花瓶に入れすぎですね。
Img_b198278d7aee0e46c77f3dbbc0d04d5c836d589d
鼻水出てますぜ、みひろさん
Img_ff887c06acd94ddf32f41eb99750a3ed2b069a56
なめた。